スケッチブック有田

「スケッチブック 有田」の取り組み

「スケッチブック」有田は、聴覚障がいのお子様に特化した事業運営を行っています。

5年後、10年後、20年後のお子様の将来の姿を想い、「好き」なことや「得意」なことを伸ばしながら、将来の自立や積極的な社会参加ができることを目指し、日々の療育に取り組んでいます。

また、お子様が安心して過ごし活動ができるように、構造化に配慮した環境づくりにも取り組んでいます。

主な支援内容

宿題対応

お子様の理解度に合わせ、指導員とマンツーマンで取り組んでいます。

SST(ソーシャルスキルトレーニング)

集団活動を通して、社会性を身につける活動を行います。

行事やゲーム等の遊びの中からルールやマナーの大切さを知り、身につけていくことを目指しています。

AST(アカデミックスキルトレーニング)

一人ひとりの状況に合わせて、手話や指文字、絵カードや写真カードを用いながら、身の回りのことばや季節のことば、学年相応のことばを楽しみながら習得できるように、工夫しながら個別やグループ活動を行います。

「スケッチブック」有田の施設

スケジュールボード

スケジュールボードでスケジュールの構造化を行っております。

子どもたちが「いつ・どこで・何をしなければならないのか」を明確にすることで、自分で自信をもって行動できるような環境作りを心掛けています

学習スペース

学習スペースには個別に仕切りを設け、基本的には指導員と1対1で学習に集中して取り組めるようになっています。

絵本とおもちゃコーナー

絵本とおもちゃコーナーを設置しております。

壁面

その月に合った製作を行い、事業所内に掲示しています。

「スケッチブック」有田の責任者

放課後等デイサービス「スケッチブック」有田責任者
管理者:川嶋 和恵

責任者プロフィール(経歴)
福祉作業所・NPO法人・小学校留守家庭こども会の支援員を経て現在に至る。

保有資格
児童発達支援管理責任者

趣味
アジアの仏像や遺跡巡りと食べ歩き

管理者からの一言
放課後のひと時をお友達やスタッフと楽しく過ごしましょう!